はり・きゅう治療

東洋医学には古来より針やもぐさを用いた治療法が確立されています。

東洋医学では心身のエネルギーのバランスが崩れることにより、病気が起こるといわれています。乱れたエネルギーを正しいバランスに直し、体を元気にすることによって、人間が本来持っている自然治癒力を強化して病気を治す。それがはりきゅう治療なのです。

当院のはりきゅう治療では、患者様の体のバランスを触診等によりチェックして治療方針を決めます。

痛みのある部分に施術をするとは限りません。先に述べたように、はりきゅう治療においては体力や気力の充実が必要なのです。元気が出てくれば、今までの痛みが大分緩やかになるはずです。次に症状の緩和を目指した施術をします。

体力・気力の充実を狙う施術を「本治」、症状の緩和を狙う施術を「標治」といいます。これらの施術を繰り返すことにより、症状の緩和だけでなく、より病気になりにくい体質に改善されるでしょう。

「良薬口に苦し」とはいいますが、漢方では苦い薬は下薬とされていて、口当たりのよい甘い薬草を上薬といいます。病状が進んだ段階では、副作用の強い下薬(トリカブト等)を使わざるを得ませんが、病気になる前の段階ならば、上薬(シナモン等)を使うだけですむのです。

はりきゅう治療も同じで、早い段階で施術を受けたほう が痛みの少ない施術ですむのです。

健康のために「早期治療」、習慣にしたいですね。 東洋医学は想像以上に幅広い疾患に対応しています。

きっとあなたにあった治療法が見つかるはずです。

診療時間
月〜金曜日
 
午前9時〜12時
午後3時〜 7時
土曜日
午前9時〜午後1時
日曜日祭日
休診
電話番号
046-801-7571